読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

micokampo’s 薬食同源コラム

薬食同源の食養生を追求してみる^^漢方専門店で漢方体験ができる!ミコー薬局のつれづれブログ。

抗生物質が効かない鼻水は どうしたらいい?

今朝のニュースで、耳鼻咽喉科や小児科に鼻水で受診する子の中で、抗生物質を飲んでも治らない子がいる、
抗生物質が効かない 耐性菌が出てきている』
ことが問題となっていました。
f:id:micokampo:20170223081500j:image

そもそも、なぜ鼻水が続くのか?
漢方的には3つの原因を考えていきます。

①冷えタイプの鼻水
透明の鼻水がメイン。

舌👅の苔が白い。

冷たいものが好きでいつもお腹が冷えている。水分代謝が悪い(汗をかかず、飲み物が多く、むくみがち)
胃腸が弱く 好き嫌いがある。
集中力が長続きしない。
疲れやすい。

中耳炎は、鼻水が流れておこる滲出性。

原因となるお腹の冷えをとりのぞきます♨️ 水はけをよくする漢方がおすすめ♪

 

②熱タイプの鼻水(鼻づまり)

鼻水は粘っこく、つまるのがメイン。

お布団の中に入ると悪化。

鼻水が黄色〜緑色。または出ない。

舌が赤く、苔が黄色のことも。

ときどき咳が出る。

中耳炎を繰り返す。

まず菌や炎症(熱)を鎮める漢方を。

①②が長引き、悪化すると③につながります。

 

③免疫の乱れによる鼻水

免疫が働ける条件は、気血がしっかりあること。疲れやすい、貧血、睡眠不足、朝食抜き、甘いものが多い(おやつ、菓子パン、ジュース、健康飲料の糖分が多いもの)、カルシウム不足、長時間動かないことがある(テレビ、スマホ)、運動不足、ストレスが多い。

舌の苔が白い、歯形がつくことも。

生活習慣の改善を続け、ひたすら免疫が整うまで努力をします✨

大切なのは 食事の内容、睡眠、運動、呼吸です。

ミコーでは、その方にとって、続けやすい生活改善プログラムを、一緒に考え、根本原因を改善していきます。

 

まずは、①〜③の特徴をとらえ、生活習慣や食事の見直しをします。

それぞれ、症状を改善する漢方はありますが、漢方を飲んでも 生活がそのままだとまた繰り返してしまいます。

 

漢方の体質チェックは、ミコー薬局でもできますが、自分の生活を見直すと、それでよくなる方も多いですよ♪

 


----------------*
🍀漢方と敏感肌ケアのミコー薬局
〒811-2202
糟屋郡志免町志免3-1-6
☎︎0120-35-2304
はじめての方は、ご相談前に一度ご来店予約をいただくとスムーズです。
🍀温灸体験、岩盤イス体験 30分各200円 、頭皮カッサ体験 30分200円。
(予約不要です)
🍀美肌体験〜カルシウムクレンジングマッサージの正しい方法を伝授❤️
30〜40分500円。

季節限定✨花粉症の時期の肌荒れやカサカサ赤みをケアする、美肌体験は、ビタミンCたっぷりのナノ化粧水使用❤️

➕300円で受けられます。

(予約制)